よつかいどう市民ネットワークとは

 私たち市民ネットワークは、地域政党として、2004年から活動しています。
自分たちの仲間の中から、カンパとボランティアで議員を市議会に送り出し、その後も市民とともにごみや子育て、環境、福祉など、暮らしの課題を調査・学習しながら議会で提案してきました。
  議会で知った情報は「市民ネット通信」でお知らせし、その通信はボランティアの皆様によって配布していただいています。(四街道市内全域をめざし、各号18,000部を無料配布))
  そんな地道な活動を通して、議員や行政にお任せでなく、市民と一緒にまちづくりを考える地域の政党を作ってきました。
  現在、千葉県内9つの市に「市民ネット」があり、県議2人、市議11人を市民の声の”代理人”として議会に送り出しています。四街道市では、2期目の「大谷順子」を市議会に送り出しています。